データ入稿時の注意事項とお願い

データ入稿の場合、
当社では完全デジタルデータでの入稿が基本となっております。
入稿前に、必ず最終チェックをお願いします。

■当社使用アプリケーション
イラストレーター 5.5J・8.0J
フォトショップ 4.0J・5.0J・5.5J・6.0J
Word 2000
Excel 2000
PowerPoint 2000
一太郎 11

■イラストレーターについて
保存のとき「互換性」を8.0以下にして下さい。
(バージョンは必ず記入して下さい。)
書体はすべてアウトライン化して下さい。
0.3pt以下の線は使わないで下さい。
また、罫線は「塗り」を透明に、「線」に着色して下さい。
出力サイズとデータのサイズは一致させて下さい。
必ずトンボを入れて下さい。
《トンボの作成の方法》用紙と同じサイズのボックスを作成し、
そのガイドラインを選択して
【フィルタ】 →【クリエイト】→【トリムマーク】で作成できます。
カラーの場合はCMYK100%で、必ず線にオーバー プリントのチェックを入れて下さい。
モノクロの場合はK100%で作成して下さい。
仕上げ位置ギリギリに文字や、飾り罫を配置しないで下さい。仕上げトンボから最低3ミリ空けて下さい。
不必要なデータは入れないで下さい。
配置データは「埋め込み」ではなく「リンク」でして下さい。
埋め込まれた画像の場合、作業に時間がかかるため訂正に別途料金が必要です。
保存形式はEPS、配置画像を含めて保存して下さい。
配置されているデータは、必ず添付して下さい。
スミ以外の塗り、線に対してオーバープリントの設定はしないで下さい。
CMYK総ベタはしないで下さい。
裏写りやトラブルの原因になります。
出力原稿を添えて下さい。
(カラーの場合はカラーで出力したもの。)

■フォトショップについて
画像は配置サイズと同じ、もしくは配置サイズ以上にして下さい。
カラー・グレースケールの画像解像度は原寸サイズで、350dpiにして下さい。
線画は、2階調モードで1200dpi
にして下さい。
保存形式は、EPSバイナリでお願いします。
画像は必ずCMYKに変換して下さい。
(RGB、特色の保存はしないで下さい。)
レイヤーをご使用の場合は、必ず入稿前に画像を統合して下さい。

Word、Excel、PowerPoint、一太郎について
上記のソフトでカラーの印刷物を入稿される場合、
画面やプリンター出力した物と仕上がりの色が多少異なります
ので、
あらかじめご了承ください。(製版の際RGB→CMYKに変換するためです。)

■その他のこと
バックアップは必ずとって下さい。お預かりしたデータは慎重に取り扱いますが、
予期せぬデータクラッシュが発生した場合の責任は負いかねます。
はがきの大きさいっぱいに写真・イラストを配置したい場合などは、
必ず天地左右各3ミリ程度、仕上げトンボからはみ出るようにしておいてください。
仕上げの断裁時に必要になります。
DMのデータ製作はArt Postcard Studioの『原稿の作り方』を参考にして下さい。

アートプロジェクト

アートミュージアム

アートポストカード

オンデマンド印刷

大型プリント

オリジナル商品

オリジナルシステム

挨拶状のご案内

情報誌しあわせ

カテゴリー

お知らせ

Copyright© 2012 株式会社 セイキ All Rights Reserved.